annKoginオリジナルこぎん布


いろふ 誕生まで



私は後者にあこがれた


こぎん刺しをやりたいのか

annKoginをやりたいのか

後者ならば布から作った方がさらに面白くなるよ

 

 

 

あるデザイナーさんのその言葉は私の冒険心を大きくくすぐりました。

 

 

 

こぎん布の生産は難しいと聞いていたこともあり、私には無縁のことだと思っていました。

ですが、布から手掛けるのが当たり前の世界にいる人には、こぎん刺しが布によって刺し上がりが変わり印象すらも変えてしまうのに布に目が向かないことは不思議なようでした。

実際こぎん布の選択肢は多くはないのが現状で、制限を多く感じているような気はしていました。

古作模様をかっこよく刺せる縦長の明るいこぎん布が欲しいとずっと思っているのに無いという理由で諦めていること、正方形に刺しあがった古作模様の布たちをイメージが合わないという理由でしまい込んだままにしていること、だから布によって刺す模様を変えたりしていることなどを話しました。

そのすべてが受け身であったことを感じました。

 

 

 

話だけでもと紹介していただいた織物問屋さんと話を重ねましたが、粗い平織布、縦長になる密度、希望の幅、その条件全てが可能な機屋さんはなく、早い段階でネガティヴな結果を想像していました。

ある方は別の産地の組合を紹介してくださいましたが、規格を設定し試織するならばと提示された金額や最低ロットが途方もなかったりと個人の範囲を大きく超えていて飛び込む勇気はありませんでした。

あぁ、これでやっと生産が難しいという情報に自分の経験を重ねられる、そういうことでいいかと納得しようとしました。

 

 

 

そんな不完全燃焼の日々に、ある織物会社さんと出会うことになります。

 

 

 


 今でも鮮明に思い出す「その規格可能です」の一言


 

まずはうちで織っているサンプル送りますと翌日には手にしていました。細い糸で織られた模様入りの布でしたが、いける!即座にそう思いました。

 

 

 

規格を決めていく流れも安心を覚えました。

出会えた、とうとう織れる会社と出会えたんだとジーンとしました。

 

 

 

それでも大きな額が動く挑戦です。

きっとこの会社とならうまくいくと、私は思い切ってダイブしました。

 

 

 

こぎん布は初めての取り組みとのことでした。本来のこぎんは麻布だが、綿こぎん布を作りたいことを伝え、密度と縦横の比率はこだわりたいポイントだと伝えました。

 

 

 

生成りと染め布を作ろうと決めていました。加工の有り無しで縮みは変わるのでそれぞれに規格が必要でした。

最終的な生地幅を50㎝にし、加工による縮みを考慮し織りのピッチを変えたものを試織していただきました。

 

 

 

密度1本の違いが小さいようで大きな壁となり、専門知識もないので何がどう変われば納得いくのか、自分の感覚にも自信を持てず、悩む私の話にじっくりと耳を傾け、提案や改善を何度も試みてくださいました。

手染め後の密度、比率の変化や糊加工など自分でやるにはうまくいかない問題もありました。

 

 

 

「好みの布が出来るまで付き合います」の言葉が心強く支えになっていました。

 

 

 

先の問題は、加工会社さんで染めから糊加工まで一貫してやっていただけることになりました。

これでブレのない安定した生産が可能となりました。私が染めていたらまず長尺は無理でしたし、生産力もありませんのでお願いしてよかったと思います。

 

 

 

私が染めた布を基に色を出してくださっていますので、あ、この色見たことある、annKoginらしいよねって思ってくださると思います。

 

 

 

気がつけば半年以上の月日が過ぎていました。

ほとんど私は好きか嫌いかみたいな感覚だけで完成を迎えたわけですが、その好き嫌いは大事なポイントだったんだと完成品に針を通してみて思います。

そして制作のコンセプトである”ありそうでない”をこの布作りに感じることが出来ました。

 

 

 

私に気付きを与えてくれ、きっかけを作ってくださった方にお礼を申し上げます。

そして、完成に漕ぎつけれましたのは、生産に携わってくださった職人さんすべての職人魂とご尽力のたまものだと思っています。深く深く感謝申し上げます。

オリジナルの布として「いろふ」を発表できること、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。 

 

 

 

2021年10月10日いろふデビューです。

 

 



規格


平織布 綿100% 巾50㎝

インチ経糸21本 緯糸16本 1㎝8目

 

扱いやすい生地厚で縦長比率は大き目です

annKoginのこぎん糸(20/8)から20/10までがおすすめ

それ以上ですときつさを感じるかもしれません

 

織り


昔ながらのシャトル織機で丁寧に織られています

国内で台数が少ないため扱える職人さんも少なく貴重な織機を使用していろふは織られています

維持や調整はまさに職人がなせる技と言えます

 

私の希望で仕上がり50㎝幅の布を織っていただいています

 




染め

annKoginオリジナルのカラーリングを表現しています

・生成り

・ストロベリー

・アッシュブルー

・フォレストグリーン

・マスタード

(写真はアッシュブルーが実色より鮮やかに写っています)

この4色+生成 の5パターンでリリースします

 

加工


糊加工は刺し心地を補助する大事な役割があります

粘度を強くすると加工時布地が潰れやすくなってしまうので少し柔らかめになっておりますが刺し心地は良くごわごわしないのでスッと針が入り疲れません

刺す前に水通しはしないでください

 



製品名


美しくなる、彩られるという意味の古語「いろふ」の意味はそのまま読みは現代の読み方にし「ふ」と「布」を結び付けています

annKoginが目指した色鮮やかな布をイメージしやすいネーミングです

いろふ、覚えていただけると嬉しいです

  

ロゴ


経糸緯糸が意思を持っているかのように手をつないでいる姿を表現しています

いろふを通して、こぎんファンの方と生産に携わるすべての人をつなぐ意味も含まれています

 



ご購入について


いろふはアトリエ、各クラフトイベントにて先行販売いたします

 

価格(税込)

生成り@2,800/m

カラー@3,900/m

 

 

W祝(アトリエ&いろふ)スペシャルオファー価格をアトリエ内にて発表します

またご来店の方でご希望者にはサンプルをお配りします(数量限定)

 

 


30㎝以上10㎝単位で販売します

カット布もございます

※クラフトイベントではカット布のみの販売となります

 

 

アトリエはご来店予約が必要です

アトリエご予約

 

 

 

オンラインショップからもいずれ購入できるように準備しますのでお時間いただきますがお待ちいただければと思います



annKogin活動状況